検索

”SAKU design”令和の働き方を体現できるデザイン会社

更新日:1月20日



SAKU designのメディア担当 金です!

今回は入社三か月の私が、サクデザインの働き方を暴露します!!(笑)



ブログでも幾度がお伝えしたことはあるのですが、弊社は北欧からインスピレーションを受けております。

それは彼らがライフスタイルに対して素晴らしい考えを持っているからです。

実際に世界の幸福度ランキングも1位を獲得しているくらい、人々は穏やかに暮らしています。

弊社は今までの日本の常識を覆す、令和の働き方を推奨しています。









北欧(フィンランド)の働き方について




フィンランドの社会人があまり残業をしないのは、仕事量が少ないからでなく、徹底した効率化の賜物のようです。

始業は8時と早めのところが多いのですが、終業も早く「16時半を過ぎるともうほとんど人はいなくなる」ほど、国民全体で共有する意識があります。

1日8時間、週40時間以内の勤務時間は守られるべき」とはっきりしているんです!

海外ではほとんど、残業をする方が格好悪いとなっています。

なぜなら、スケジューリングをしたうえで、効率的に出来ないことが残業に繋がっているからです。

残業代も時間毎に決まっていて、二時間を過ぎると時給分の100%の給料を企業は払わなくてはなりません。

また、在宅勤務者の比率が高いのもフィンランド企業人の特徴で、週に1度以上の在宅勤務をしている人は約3割いるみたいです。

家族との時間を大切にしている素晴らしい働き方です。




日本では働き方改革や、コロナが追い風となり在宅ワークが増えていますが、まだまだ浸透しきれていない文化ではあります。

働いた時間が頑張った時間と思っている人も多いです。



だからこそ、弊社ではそれらを奪還すべく、様々な取り組みを取り入れています。






残業について




私が入社したのは三か月前です。

以前アパレルの会社で勤めていた私は、入社前人事に残業はほとんどしていないと言われたのにも関わらず、現場はそうではありませんでした。

私が働いていた店舗はまだ少なかったのですが、多数の店舗では人手不足の影響で、残業はもちろん休日出勤も日常になっていました。

入社前の話とは全く違い、そのギャップに違和感を感じていると、思った通り人がどんどん退職していきました。

弊社のボスである櫻井もデザイン会社に勤めていた際に、太陽が昇るまで仕事をしていたそうです。



現在日本の企業は表向きは残業なしと謳っていても、だいたいの企業は残業がつきものです。

特にデザイン会社はネットやSNS等でよく「Webデザイナーは残業も普通だ」と、書かれているくらい、残業は必須です。



ですが、SAKU designでは”残業は一切無し”なんです。


噓と思われる方もいるかもしれませんが、本当なんです!!

私たちが、何よりも徹底していることです。

理由としては、効率的に最大限の力を発揮出来るようにすることを心掛けているからです。

また、家族や恋人、友人は仕事と違い、一人しかいない大切な存在なので(もちろん仕事も大切です)、その人たちとの時間をしっかりと取れるようになっています。

そこから仕事のヒントを拾えるかもしれないということも一理あります。


また、健康にも気を使っています。


しっかりとした食生活と睡眠をとることで、最高のパフォーマンスが出来るからです。

健康であることは何をやるにも一番大切だと 思っているのではなく、理解しています。


そのため、弊社では

業務効率と心身の健康の追求をする風土が取り入れられています。



フレックス制/リモートワーク推奨について





フレックス制とは出勤時間や退勤時間、1日の労働時間を従業員自身が決められる制度です。

私はあまりこだわりがないので、基本10時出勤、18時退勤です。

ただ、飲み会や何か予定が入った際には、報告をして出勤時間をずらしています。


ボスも子どもたちのお迎えと家事があるので、その時間です。

そうすることでプライベートと仕事の両立ができ、一人ひとり仕事がやりやすい環境で働けています。




また、リモートワークも推奨しております。

コロナが追い風となり、リモートワークを推奨している企業は増えてますよね。

移動時間の削減が出来るで、その分資格を取得したり、趣味に費やせる時間が増えました!

ただ、もちろん出社してもOKです!

私は、皆さんとコミュニケーションをとりながら仕事するのが好きなので、出社してます。

それぞれのスタイルで自由に働ける環境なので、仕事によるストレスは以前より格段と半減しました。




シェアオフィスについて




私たちは普段下北沢のシェアオフィスにて働いています。

シェアオフィスの良さは様々な職種の人たちと関わることで、そこからイノベーションが生まれたり。。。

気分によって席を変えれるので気分転換になり、集中して仕事することが出来ます。

意外と企業に勤めていると、会社の人たちしか関われなかったりするので、人脈が広がりずらかったりするのですが、様々な職種の方や国籍の方がいるので、多方面で関りを持つことが出来ます。


また、下北沢にあるのでクリエイターも多く、他の企業の方々が気軽に遊びに来てくださいます!

近くにオフィスを構えている方が、急に今日遊びにいていい? なんてこともよくあります。(笑)


皆様もお気軽に遊びに来てください。(笑)







こんな感じでオンとオフをしっかり切り替えて働ける職場です!

やはり弊社では凝り固まった考えではなく、柔軟な考えをいつも心掛けています。

簡単に言うと面白いことをしっかり楽しめます!(笑)

”人”にフォーカスし、それぞれが裁量を持って取り組むことで、イノベーションが生まれ

成長出来ています。

今後もそれぞれの働き方に対して、時代にそって柔軟に対応していきます。


これが SAKU design の働き方です。












#下北沢

#東京

#デザイン

#子ども

#独立

#フリーランス

#残業なし

#デザイン会社

#ホワイト

#ロゴデザイン

#チラシデザイン

#ウェブデザイン

#SNS運用

#Instagram