検索

【2022最新】古着が苦手の人のためにオススメする下北沢の古着屋さん5選!!

更新日:4月21日




下北沢のデザイン会社 SAKU designのメディアを担当しております金です。




早速ですが、私実は元アパレルの販売員でバイイングなども携わっていたのですが、

じ、じ、実は、、、、、








古着苦手なんです。。。(笑)







なんていうか、古着独特の香りやシミが苦手で、、、(笑)

大手セレクトショップで販売されている古着っぽいものや、友人から貰ったものは大丈夫なんですけど、、。

でも、こういう人は意外と少なくないことが最近分かったんです!!



なので、今回はそんな私が下北沢で通うことが出来る古着屋さんをチョイスしました!

下北沢では新品の服が買えないくらい、古着屋さんしかないんです。

(逆に新品の服を買い求めて、下北沢に来る人はいないですけどね。(笑))




まあ、苦手であれば買わなきゃいいじゃん!って、思われる方もいらっしゃるかと思うのですが、

そうではありません!

香りやシミが苦手なだけで、デザイン、ヒストリー大好きなんです!(笑)

だから着たいんです!



そんな人達に向けて書きました。



古着屋さんの密集地帯である下北沢で、お洒落で魅力的な古着屋さんをご紹介いたします。



 




1.質の高さと柔軟性がある『FILM』





下北沢の南側の商店街を抜けたところにひっそりと佇む古着屋『FILM』。

アメリカの西海岸で直接買い付けた食器花瓶、ヴィンテージのランプやカセットテープ&デッキなど、遊び心を忘れないようにと、好きなモノだけ集めたコレクション部屋のような古着屋さん。

このコンセプトがまず素敵ですよね。

店内は誰かのお部屋にお邪魔したような空間が広がります。

状態のいいものが揃ってあり、メンズ、レディース両方の展開があるので、バランスがいいです。

また食器やインテリアも個性的なものが並んでいました。

質が良くて、かわいいものが揃います。


Instagramでも紹介していので、ご覧ください!





 


2.センスの良さが光る『terrace』




原宿にある古着屋さんレモンティーの二号店。

ヴィンテージの商品も愛しつつ、オリジナルの商品も展開している、メンズ中心の古着屋。

店内には個性豊かな花瓶があちこちにおいてあり、洋服が主体ですが、その存在感は目をみはるものです。

ヴィンテージに関しては、ヨーロッパとアメリカを分けずに並べており、2つの世界が共存した店内を楽しめます。

3,000円台〜40,000円弱のものまで幅広い価格帯。

また、ブランドのアクセサリーも展開しており、状態のいいものばかりです、

お皿や陶器も展開しているので、ギフトにもいいかもしれません。









 


3.かわいいが詰まった『bed』




世界各国から1点1点セレクトした古着、それらを使った1点物リメイク、そしてオリジナルブランドを展開しています。

店内は撮影ブースなどもあり、ラブリーでレトロな空間が広がります。

フェミニンな要素が苦手な方も、少しアクセントとしてあるとお洒落なものが多いので、おすすめです。

雑貨類も多く、価格帯も手ごろなお値段なので、気軽によることが出来ます。

駅も近いので、仕事帰りや、学校帰りでもさっと寄れちゃいます。

コーデにアクセントが欲しい方はぜひこちらへ!












 







4.アメリカ要素満載の『MWC』






80's~90'sを中心にアメリカの古着、サングラスや時計、新品のセレクトアイテムを販売しております。

状態のいいものが多く、men's中心なのですが、ユニセックスで着れるようなお洋服が並んでいました。

特にスウェットと厚手のニットがかわいく、デニムとの相性抜群な商品が多彩でした。

店舗自体狭いのですが、良い商品が並んでいるため、しらみつぶしに見れるのはうれしいポイントです。

あと、店奥が思った以上に広いんです!奥にはバンダナステッカーなども置いてあります!

USAは強度があるものが多いので、靴下も頑丈でおすすめです!









 



5.大人フェミニン『ROSE』




コンセプトは、「大人が通えるかわいい大人が着る古着」。

装は、全体的にシックラグジュアリーな雰囲気で、ゆっくりと服を選ぶことが出来ますよ!

アメリカやヨーロッパ等のヴィンテージ品から海外のインポートも扱っています。

取り扱っている商品は完全にレディースアイテムのみです。

20代以上の方を対象にしたような、高級感のある商品が魅力的です。

セレクトされた商品は、お店の「かわいい大人が着る古着」というコンセプトに沿って、現代のファッションでもすぐに取り入れられる古着ばかりです。

商品の一つ一つは、色がハッキリしたもの、個性的な形異素材を組み合わせた独特なアイテムが目立つように感じます。







いかかでしたでしょうか?

もう一度言いますが私は古着が苦手です。

ただ、そんな私も下北沢に通うことになって、古着屋に行く機会が増えたのですが、こんなお店もあるんだと驚きました!

今まで古着を買おうと思ったことはあっても、買えませんでした。

ただ、今回紹介したお店は古着独特の香りもなく状態も良いものばかりなので、

苦手な方も騙されたと思って、是非行ってみてください!




#下北沢

#東京

#デザイン

#子ども

#独立

#フリーランス

#残業なし

#デザイン会社

#ホワイト

#ロゴデザイン

#チラシデザイン

#ウェブデザイン

#SNS運用

#Instagram